インドの結婚式準備 ココナッツとバナナで飾付


南インドの結婚式準備、第2弾!

結婚式2日前あたりから、人の出入りが激しくなり、あわただしくなってきました。

様々な業者がやってくるし、親戚も続々と到着。

 

今回ご紹介するのは、玄関先の飾りつけ。

IMG_2017 (2)

ココナッツの葉を編み込んで作った飾りをベースに、

バナナの実や花、ココナッツなど、南インドならではの植物を使って、

伝統的なデコレーションを作っていきます。

IMG_2020revised

南インドの結婚式には、このような日常生活に不可欠な、身近な食べ物や植物が

大きな役割を果たします。

バナナは一本の木から多くの実をつけることから、

家族の繁栄を象徴するものと考えられているようです。

IMG_2019revised IMG_2019revised (2)

バナナの実だけでなく、バナナの葉、バナナの花も飾られました。

日本ではなかなか見る機会がありませんが、

紫色の蕾のような形をしているのが、バナナの花です。

IMG_2018 (2)

これが完成形。

木や枝、葉っぱや実、人工的なものも機材も一切使わず、

身近な自然からの恵みを、全て手作業でデコレーションにした職人技。

ちなみに入り口のドアは、マンゴの葉っぱで飾りつけました。

 

次回は、結婚式のために地面に描いたアートをご紹介します。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です