インドにスターバックス1号店OPEN


10月19日、遂にインドにスターバックスがOPEN!

有力財閥タタの傘下にある飲料販売・製造企業と提携。

当初、年内に50店舗OPENすると言われていたが、

提携企業を探すのに時間がかかったようだ。

1号店はムンバイ。来年デリーにもOPEN予定とのこと。

それにしても、店内がゴージャス☆

 

インドといえば紅茶の国。

しかし我が家の実家では、コーヒーを良く飲む。

朝まず起きたら、砂糖たっぷりのコーヒーを1杯。

街中にも、スタンドのコーヒーショップが沢山。

ローカルなスタンドショップならば、1杯20円くらいだろうか。

それに比べるとスターバックスのコーヒーはかなり高価な飲み物。

 

2年前に実家に行った時、

街中にオシャレなコーヒーショップが出来ていてビックリした。

値段は200円以上だったと思う。

スタンドコーヒーの10倍以上だ。

しかし、店内には若者のグループが沢山。

ローカルのコーヒーショップだと、ゆっくりゆったりと

コーヒーを飲みながらお喋りと言う訳にはいかないが、

スターバックスのようなコーヒーショップであれば、

涼しいクーラーのきいた場所で仲間と時間を過ごすことが出来る。

また、コールセンター等、夜に働く人々が増えたため、

夕方には店じまいしてしまうローカルショップと比べ、

比較的遅くまで開いているコーヒーショップは需要があるのかもしれない。

 

ちなみにスターバックスの価格は

フラぺチーノは180ルピー(約270円)

何と、エスプレッソは80ルピー(約120円)!

タミルナードゥ州にはいつOPENするのだろうか・・・

実家の近くに出来たら、是非行ってみたい。

このマグカップも手に入れたいものだ。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です