ヒンズー寺院で髪を剃る


1週間ちょっとのインド滞在。

今回のメインイベントは、息子のお披露目。

そして、寺院で髪を剃ってくること。

 

インドでは1歳ぐらいになると、子供の髪を剃る習慣がある。

アーユルベーダに基づいている慣習らしく、

一度剃ることによって、強くて良い髪の毛が生えてくるのだそうだ。

 

私たちはヒンズー寺院で息子の髪の毛を剃ったのだが、

イスラム教徒もキリスト教徒も、

それぞれの場所で髪の毛を剃る習慣を受け継いでいるのだそうだ。

 

IMG_4465forblogIMG_4451forblog

IMG_4449forblogIMG_4459forblog

IMG_4453forblogIMG_4454forblog

これが、その寺院。山の上にあり、見晴らしが何んとも良い。

朝から沢山の人が訪れ参拝していた。

もちろん、髪を剃るために来ている赤ちゃんや大人たちも大勢いた。

 

どんな部屋で髪の毛を剃ってもらえるのかと思ったら、

こんなほったて小屋。

20円弱で剃ってもらえる。

IMG_4446forblog

 

剃ってくれるのは、腰巻を腿までまくりあげている地元のオジサン。

しかも、普通に売っているカミソリ1本で。

暴れる息子を、弟と私で押さえつけるが、

それでも大泣きで何とか逃げようとする息子。

ダンナサマも加わり、3人で押さえつけて、何とか終了。

IMG_4437forblog

泣声が小屋の外まで響き渡っていたが、

こちらは頭を傷つけないように、無我夢中で息子の頭を押さえていた。

おかげで、剃り終わった時には、こちらが汗だく。

よくも血を出さずに終了したなと、

オジサンに感謝。

ダンナサマも思わず5倍の金額を支払ったようだ。

5倍といっても100円以下なのだが・・・

IMG_4440forblog

 

剃り終わったら、

併設されている水浴び場で髪の毛を洗い流し、

新品の洋服を着せ、

頭にはサンダルパウダーを。

サンダルは冷却効果があり、

肌に塗ると、ヒヤーっとする。

直射日光を浴びるので、剃った後には頭に塗るのが習慣。

そこらじゅうに、オレンジ色の頭をしたスキンヘッド集団がいて、

何だか妙な光景だった。

IMG_4444forblog

あれから一週間経った今、

息子の髪は少し伸び、

絨毯の毛玉などを吸いつけている。

着替えも以外に大変。

少し伸びた髪にピッタリとシャツがくっついてしまい、なかなか頭から抜けないのだ。

 

次はどんな髪の毛が生えてくるのだろうか。

私譲りのストレートか、ダンナサマのようなカーリーヘアーか。

どんな髪でどんな顔になるのか、今から楽しみ。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です