東北関東大震災 インドからの支援


3月11日の大震災に関するニュースはインドでもトップニュースとなった。

特に津波、そして原発のニュースは、

インドの人々にとっても非常に身近な問題。

インドで流れているニュースを見て、沢山の人たちが心配して電話をくれた。

インドの英語によるニュース CNN-IBN

 

東京に住むインド人の多くも、日本を離れインドへ一時避難。

ダンナサマの会社も、他のインド系企業と同じく、

大震災の数日後、チャーター便で全社員とその家族を帰国させた。

私たちは日本に残っていたのだが、同僚は全員帰国。

このまま誰も帰ってこないのではないか・・・

との不安を抱えつつ数日を過ごしたが、

無事、今週から仕事に復帰出来た。

 

特に日本語の分からない外国人、

初めて地震を経験する外国人にとって、

引き続き起こる余震、理解できない言葉で流れ続ける原発のニュース、

そして海外メディアの情報は、

より一層恐怖をかりたてたに違いない。

家族のいるところに早く帰りたいと思うのは当然なこと・・・

 

この大震災の被災地を支援するため、インド政府は

毛布2万5000枚、水1万本を被災地に届け、

被災地に救援隊を派遣。

インドの救援隊が日本に派遣されるのは初めてらしい。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110326/k10014913991000.html

 

また、ニューデリーを初め、様々な場所で犠牲者への追悼式が行われているようだ。

14VBG__JAPAN__502457f

 

タミルナード州のスーパースター、ラジニも被災地へ義援金を送った。

Rajini Kanth(ラジニカーント) といえば、

日本でも話題となったタミル映画、「踊るマハラジャ」の主人公役をした超有名俳優。

img_3696img_3700modi

ラジニが津波被災地へ義援金を

 

このように、様々なかたちでインドから支援の手や追悼の声が届いている。

一時避難したインド人も、また日本へ戻ってきて活躍してほしい。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です