美意識の違い ナチュラルメーク 2


中学生の頃、化粧をする姉を見て、

どうしてわざわざ高い化学物質を買い、唇を赤く塗るのだろう・・・

自分は絶対にああはならない・・・なりたくない・・・

そう子供ながらに思っていたのを覚えている。

 

しかし、それから数年も経てば、姉と一緒に化粧品を選んでいる自分がいた。

不思議なものだ。

友達から、雑誌から、テレビから、様々な情報を通じて

多くの女の子はメークアップに目覚め、そしてやり方を自然と学んでいく。

そして、洋服に合わせメークアップ用品を選ぶたびに、

使わないアイシャドーや口紅などが増えていく・・・

ストレス解消の買い物としては手頃で最適なものだから。

 

百貨店の化粧品カウンターに立ち寄ると、

店員さんたちは、みんなバッチリメークアップをしている。

そんな場所を通るたびに、ダンナサマは眉をひそめ、

「うしてみんな怖い顔をしている人ばかりいるの?」

「どうしてわざわざ、ギラギラ汚くしているのかな?」

そう尋ねる。

ダンナサマに言わせれば、みんな仮面をかぶったようで、

不自然な目元をしているらしい。

 

ダンナサマはアイシャドーが大の苦手。

ラメ入りや肌の色と異なるものをつけると、

今日は何だか顔が変だよ・・・汚い・・・

顔を見るや否や、直球でキビシイ一言が返ってくる。

日本人はキレイに見せようと思って、

ギラギラさせたり色んな色塗っているみたいだけど、絶対変。

みんな、しないほうがキレイ・・・

そう言い張る。

 

確かに、周りのインド人女性はそんなに化粧していない。

女優さんたちの化粧はすごいけれども、

親戚も近所の人々も、日本にいるインド人も

誰を思い浮かべても、バッチリ化粧の人は思い当たらない。

ナチュラル志向?なのか、文化の違い?なのか・・・

といっても、彼女たちは何もせずとも

小さな顔に大きな目をもっているのだから羨ましい。

 

ダンナサマの美意識の違い?ナチュラル志向?のお陰で、

私のメークアップ用品は劇的に減り、衝動買いも全くしなくなった。

無駄遣いがなくなってよかったのかもしれない。

でもやっぱりインド人の大きな目と

自然にカールした長いマツゲは羨ましいナ・・・

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “美意識の違い ナチュラルメーク

  • ラマエリカ

    あちらの皆さんの小顔と彫の深さが、うらやましいですよね
    。サリーなんか着ても、オニギリ顔の私は全然似合わないですね

  • Shreya Post author

    ホントに・・・ どんなにしっかりした体つきの人でも、見上げると小顔。羨ましいです。