インドのお米 Ⅱ バスマティとタミルライス


以前、インドのお米の紹介をしましたが、

先日インドの実家からタミル米が届きました。

ちょっと黄色くて小ぶりなお米。

日本米に慣れていると、ちょっと臭いが気になるかも。

IMG_0726

右上 : タミル米 (インド タミルナードゥ州産)

黄色くて小さめ。30分ほど水につけてから炊く。臭いがきつい。

左上 : バスマティ米 (写真はパキスタンで生産されたインド米)

細長。パサパサしているので水はちょっと多めに。臭いも少し気になるかも。

左下 : ジャスミン米 (タイ)

細長。日本米よりも多めの水の方が美味しく炊ける。人にもよるが、臭いはそんなに気にならない。

右下 : 日本米

丸くてカワイイ形。粘り気があって、やっぱり一番おいしい!


お米といっても、インドには様々な種類のお米が存在しています。

南インドの蒸しパン、イドゥリに適したイドゥリ米もあれば、

このように形も色も臭いも違うお米も。

料理によってお米の種類を変えたり、

地域によってお米の形が異なったり・・・

世界第二の米生産国であるインドには、

一体何種類のお米、何種類のブランドが存在するのでしょうか・・・


私は何といっても日本米が一番好き!

お刺身と日本米を食べていると、やっぱり日本人だな~と実感するものです。

我が家では、その時の料理と気分でお米を変えています。

ダンナサマはバスマティ、

私は冷凍保存していた十穀米を食べることも。

お米が違うだけで、他の料理の味も変わってくるので不思議。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です