ベジタリアン弁当 4


引越しでバタバタしていて、久しぶりのブログ :)

ダンナサマがインド企業へ転職したのだ。

インド企業で働くようになって変わったことと言えば・・・

1.ことば

今まで日本企業で働いていたため、四六時中日本語の世界。

職場でも日本語。帰宅してからも日本語。

当然、ダンナサマの日本語能力は自然とアップした。

私の独り言だって、聞き逃さない。

私の聞こえない会話だって、しっかりと聞き取っていた。

 

インド企業に転職してから2週間。

職場では英語、タミル語、ヒンディー語、そしてちょっとの日本語。

帰宅後、小さな声でボソボソと話すと、

聞き間違えられることが多くなった。

 

ことばは、やっぱり使わないとダメなんだ・・・

話せば話すだけ上達する。

聞けば聞くだけ上達する。

 

子供が産まれたらどうなるのだろう・・・

日本に住んでいる以上、最も使うのは日本語。

でも、少なくとも私たちの母国語と英語、つまり3ヶ国語を身につけて欲しい。

 

2. お弁当

転職に伴い、もうひとつ変わったことといえば、お弁当。

Head Officeに常駐しているのは、ほとんどインド人。

みんなお弁当を持参する。

何故かといえば、

ベジタリアンにとって日本で外食するのは大変だから。

 

そこで、ダンナサマもお弁当を持っていくことに。

ただし、一緒に食べる人のことを考えて、野菜ONLY。

ピュアベジタリアン弁当を毎朝持って行く。

ちなみに今日は緑豆のカレーにバスマティライス、そして小松菜のポリアル。

IMG_3169

とってもシンプルなお弁当。

日本の子供たちが持っていくような、カラフルなお弁当を作りたいのだが、

先週も卵を入れてキレイに飾ってみると、

「次回から卵は入れないで。他の人たち、匂うかもしれないから。」

卵もダメだったか・・・ :(

お弁当の定番である卵焼き、からあげ、ソーセージ・・・全てNG

カラフルにしたいなら、ニンジンやトマト、パンプキンやコーン。

明らかにピュアベジタリアンだと分かるようなお弁当でなければならない。

 

という訳で、

結局いつもお弁当はインド食!!!

それが私にとって簡単だし、

ピュアベジタリアンの人々と一緒に食べるダンナサマにとっても安心なメニューなのだ。

和食でピュアベジタリアンは私には難しい・・・

周りの人のことを考えると、だしも使えない。

1週間もベジタリアン食を食べていれば、”だし”がいかに匂うかが良く分かる。

だしを使った煮物など持っていったら、どうなることやら・・・

臭くて一緒の部屋では食べてくれないだろう。

 

毎朝のピュアベジタリアン弁当。

お陰で私のインド料理の腕が、ちょっとは上がるかもしれない。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 thoughts on “ベジタリアン弁当

  • yuko

    ベジタリアン弁当は慣れるまで大変そうだね。いくつかレパートリーができると楽になるね!

  • Shreya Post author

    サンバル(南インドの豆ベースのカレー)でも、今日は大根、次回はナス、次はジャガイモ・・・などと材料を変えてみたりしてます。
    いろんなものをキレイにデコレーションしなきゃいけない日本のお弁当の方が大変かもね。

  • Shreya Post author

    ありがとう :)
    久しぶりにケララの風(大森の南インド料理店)に行ったけど、おいしかった~