お隣りの国、ネパールの料理


先日、久しぶりにネパール料理店へ。

ダンナサマは週1ペースでランチに通うほど、お気に入り。

ネパール人経営のお店の多くが、“本場インド料理店”の看板を掲げる中、

“本場ネパール料理”を食べられるお店はめずらしい。

味もモチロンだが、ダンナサマはそこが気に入っているらしい。


私の大好物であるネパールの蒸し餃子、“モモ”は

ちょっぴり辛いトマトソースで煮込んであり、とってもおいしかった☆

自宅で作る餃子も、

ドーサ(南インドのクレープ)のソース、トマトチャトゥニで煮込んだら

意外とオイシイのかもしれない・・・


今回食べたネパール料理のイチオシはこちら。

マサラポーク!

IMG_3148

様々なスパイスの味がしみこんでいて、柔らかくてジューシーな豚肉。

日本人が絶対好みそうな味。

サラダと一緒にモリモリ食べてしまった。


そしてこちらはチキンピラフ!

このチキンの中にも、様々なスパイスが調合されたペーストがたっぷり。

IMG_3147


もちろん、豆カレーを初め、いろんな種類のカレーがあり、

釜焼きパン “ゲン” や揚げパン “シェルパゲン” と一緒に食べる。

週数回、ランチビュッフェ&ディナービュッフェがあるので、

ネパールのカレー&パンをたらふく食べたい人にはオススメ。


お気に入りの、このネパール料理店(in 福岡)のサイトはこちら。

エベレストキッチン & ポカラキッチン


nepal_n_150

ご存知のとおり、ネパールはインドの隣国。

ビザもパスポートもなしで、両国を行き来することが出来る。

また、ネパールの主要貿易相手国として、

輸出輸入ともにインドが大きな位置を占めている。

ist2_11508247-map-of-india-and-nepal

中国とインドという2大国に挟まれている、この小さな国は北海道の約1.8倍の国土。

インドと同様、他民族多言語国家。

私も一度だけ訪れたことがあり、仕事でも数年間関わってきた国のひとつ。

私の知る限り、不安定な情勢やインフラ整備の遅れ、マオイストやストライキ・・・

と、様々な問題をかかえるLLDCであるが、

そこに住む人々は穏やかで人なつっこく、温和な人柄が多かった。

仕事上でも、とても付き合いやすく信頼できる人たちばかりで、

とても親しみを持っている国&人々でもある。


日本に住むネパール人は9,384人。(2008年度、外務省在留外国人統計)

インドの22,335人(2008年12月現在)と比べると少なくみえるが、

ネパールとインドの人口比率は、約1:50!!!

それを考えると、結構多くのネパール人が日本にいるのではないだろうか。


これからも色々な国の料理を食べ歩くぞ!

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です