点と点をつなぐアート Kolam II


今日は、Kolamの書き方についてご紹介。

1.点を書く

真ん中のラインから始め、上下に点を書いていきます。

1)用紙の真ん中に、13個の点を横一線になるように打つ。

2)1)で書いた点の上下に、新たに12個の点を。

*この時、1)で書いた点と点の間に打つように!

3)2)で書いた点の上&下に今度は11個の点を。

そして次は10個、9個・・・と、最終的に7個の点になるまで、どんどん点を打ち続ける。

そうすると、最初に書いた真ん中のラインから上に6ライン、下に6ライン。

全部で13ラインになるはずです。

IMG_2384

2.点と点をつなげていく

まず、このような星型を7個、点と点をつなぎながら作っていきます。

左右&上下対称になっています。

IMG_2385

最後は残った点をカーブで結んで出来上がり!

なんとなく、キレイになったと思いませんか?

IMG_2386

ちょっと横幅が広すぎて、太っちょのKolamになってしまいました・・・

最初の点を書く作業が重要。

上下、左右、均等に美しく点を打てれば、

仕上がりもきれいになります :)


次は、点と点を結ぶのではなく、

点を囲むように書いていくKolam☆

1.点を書く

同じように、真ん中のラインから始め、上下に点を書いていきます。

1)用紙の真ん中に、11個の点を横一線になるように打つ。

2)1)で書いた点の上下に、新たに9個の点を。

*ここで注意! 今回は1)で書いた点の上下に新しい点を打っていく。

*前回は点と点の間だったが、今回は同じ縦ラインに点を打つこと!

3)2)で書いた点の上&下に今度は7個の点を。

そして次は5個、3個、1個と、どんどん点を打ち続ける。

そうすると、最初に書いた真ん中のラインから上に5ライン、下に5ライン。

トータルで11ラインできるはず。

IMG_2381 

2.点と点の間を縫うように、点を囲んでいく

 IMG_2382

不思議と、出来上がると何となく様になるのです・・・

今回は点がキレイに打てたので、キレイなひし形になりました。

IMG_2383

是非みなさんも挑戦してみてください

:)

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です