インドの足 2


インドの足といえば、オートリキシャ。

タミルナードゥの州都、チェンナイでも

あらゆる所を猛スピードですり抜けていく優れもの☆

これなしでは、どこに行くにも困ってしまう・・・

auto   SSL14218 

インドといえば交渉の国。

このオートリキシャも、乗る前にしっかり金額交渉しなければ大変なことになる。

ドライバーは人それぞれ。

時々笑顔のカワイイおじちゃんに出会ったり、喋りまくるお兄さんだったり・・・

それぞれ神様シールを貼ったりと、狭いながらも自分の仕事場をつくりあげている。

SSL14250 IMG_0980

カメラを向ければ、カメラ目線で笑ってくれるドライバーも多い。

SSL14209

そんなインドの足の代表者、オートリキシャであるが、

日本の新聞記事によると、最近新たなインドの足が生まれたらしい。

 

以下は、その新聞記事から得た情報。

初期:自転車(人力車)

英領時代に導入された、日本の人力車がインドの”リキシャ”の原型らしい。

この自転車型リキシャはインドではあまり見られなくなったが、

バングラデシュに行くと、すさまじい数の自転車型リキシャが走っていた。

しかも、屋根付きでカラフル!

IMG_1862

現在:オートリキシャ(動力付き)

私も大好きな現在のインドの足 ♪

しかし、排気ガスの問題が重要視されてきた。

あれだけの数が競争するように走っていれば、当然といえば当然だが・・・

ニューデリー周辺だけでも、推定15万台が走るとか。

IMG_1863

未来:”e リック” (電池式エコリキシャ)

これはスゴイ!!!

ニューデリーの市当局は、この新型リキシャの導入を検討しているそうだ。

なんともカッコイイ!!!

エコロジーと電動の頭文字をとって ”e リック” と命名。

最高時速は自転車リキシャとオートリキシャの中間ぐらい。

交渉次第の料金も透明化するとのこと。→ 出来るのかな?

 IMG_1864 

将来的には、完全にこのeリックに置き換えるのだそうだ。

でも、価格は1台約20万。TATAのNANOと一緒ぐらい。

ん~~~

金額の高さや利便性、速さ、耐久性など、

なかなかスムーズにはいかない気がする。

もちろんエコには大賛成だが、

交渉次第で安く、そして早く

目的地まで着けるオートリキシャはやっぱり便利で魅力的。

 

エコリキシャになれば、接客マナーも身につけてもらうとか。

ドライバーの当たりハズレ、ドライバーの口ずさむ歌、大音量の音楽、

ドライバーのトーク、時々ドライバーの友達が乗ってきたり・・・

そんなハチャメチャなドライブが消えてしまうかも。

環境にいいのに越したことはない。

でも、クラクションを鳴らしながら

車をすり抜けていく黄色の箱が消えてしまうのは

なんだか寂しい・・・

 

今度ニューデリーに行った時には、是非 ”eリック” に乗ってみたい☆

その際は、感想をまたブログで。

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “インドの足