Dosa (ドーサ)に挑戦! 9


Dosaとは、南インドの定番メニュー。

お米と豆から出来た、クレープのようなもの。

外側はパリッと香ばしく

内側はもちっとしています。

 

このブログでも何度か登場していますが、

今回、2度目の生地作りに挑戦!

とってもとっても美味しいドーサが完成しました。

 

あまりにも美味しかったので、

タミル人の友人に聞いたレシピをご紹介 :)

 

1.ドーサ生地

 材料

::: ジャスミンライス(タイ米) 3カップ

::: ウラドダル(Urad Dal) 1カップ

::: フェネグリーク 大さじ2程度

 

① これらを別々の容器に入れ、一晩、水に浸しておいておく (十分に吸水させる)

今回は、家にあったウラドダル(皮付)を使いました。

IMG_0499 IMG_0500

でも、後から皮を取るのが大変 :(

次回からは、皮が剥いてあるものを使いたいな・・・

 

② 翌日、各材料をグラインダーorミキサーでペースト状に(ペーストになるまですりつぶす)

ただし、皮付ウラドダルを使った場合は、まず皮を剥く。

水にういてくる皮を取り除いていくのですが、これが結構大変・・・

 

ライス、ダル、フェネグリークを別々にグラインダーorミキサーにいれ、

水を入れながら、ペースト状になるまで

グイ~ン ♪ グイ~ン ♪ とまわします。

 

インド料理はぺースト状にするものが多いので、

ミキサーが大活躍。

酷使しているので、老化が早そうです。

 

今回もミキサーを使いましたが、

大量の米と豆に、さすがに苦しそうな声を出していました。

グラインダーを早く買って、ミキサー君を休ませてあげなくては・・・

 

③ すべてを混ぜ合わせて、一晩おく(泡が出るまで発酵させる)

暖かくなり、発酵しやすい季節になりました。

生地を混ぜ合わせ、一晩常温で発酵させます。

そうすると、次の日には生地が2倍くらいに膨れ上がっています。

:)

フワフワになれば、おいしいドーサの生地の出来上がり♪

IMG_0481

でも・・・

私はこのドーサ生地のにおいが大の苦手 :(

においを嗅いでウキウキしている

ダンナサマの横で

私は息をとめる・・・そんな作業が続きました。

 

④ 熱した鉄板で焼く

発酵した生地を、いよいよ焼いていきます。

* 熱した鉄板に油を引く

* 生地をレードル(おたま)で円を描くように薄くのばす

* 生地の周りと真ん中に、小さなスプーンで油を注ぎいれる

* プツプツと穴が見えてきたら、焼けたサイン。裏返しに。

* 裏もキツネ色に焼いて

完成!

 

 IMG_0492

さっそく、ステンレスのお皿に。

家庭では、だいたい半分に折って盛り付けるのが普通。

今回は、ピーナッツチャトゥニーとイドゥリパウダ-と一緒に食べました。

以前レシピを紹介した、トマトチャトゥニーやココナッツチャトゥニーと食べてもおいしいです☆

 IMG_0493 IMG_0496

外側はパリパリ、内側はもっちり ♪

今までは市販のパウダーを使っていましたが、

味が全然違うっ!

これからは、手間がかかっても

手作りの生地を作ることにします :)

 

2.ピーナッツチャトゥニー

今回ドーサに添えたチャトゥニーの作り方も一緒に。

これもまた別の友人に教えてもらったレシピです。

① ピーナッツ一握りをフライパンであぶり、冷ましておく

② レッドチリ1個とターマリンド少々を軽く炒め、冷ましておく

③ ①と②が冷めたら、全てを合わせてミキサーにかける

④ ミキサーに、塩とココナッツパウダーも一緒にいれ、水を入れながらペースト状に

ペースト状になったら、出来上がり ☆

 

お好みで、油でマスタードシード、カレーリーフ、タマネギを炒め

出来上がったチャトゥニーにジュジュッと入れてもOK

さらに香ばしさが増します。

 

IMG_0497

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 thoughts on “Dosa (ドーサ)に挑戦!

  • 馬渕 雅博

    こんばんは はじめまして!
    今までDosaはインスタントで作っていたんですが
    ここのホームページを見せて頂き、今朝、生地を作ってみました。
    確かに豆の緑臭さはなるほどですが 焼くと全然違いますねー
    お店のDosaより美味しいかもと思ってしまいました。
    他にも色々教えてくださいね。

  • Shreya Post author

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    おいしいドーサが出来たようで、私も嬉しいです!
    焼くと香ばしい匂いがひろがりますよね・・・
    私もお店で食べるよりも、自宅で作った方が ”もっちり” していて美味しいと思ってます。
    油の量も調節できますし。我が家も来週末はドーサの予定です。

  • フィルニ

    古い記事に、お邪魔いたします。^^
    はじめまして。ドーサの作り方を探して辿り着きました。
    そこでちょっと質問なのですが、このウラドダル、ガルバンゾーで代用は可能でしょうか? もちろん水に戻して柔らかくして、ミキサーで充分すりつぶすことが前提ですが。
    それとも、ウラドダルでないと上手に発酵が進まないのかしら?
    アドバイスいただければ幸いです。

    チャツネや、他のエントリーのマサラのレシピも大変参考になります。
    これからも更新、楽しみにしています!

  • Shreya Post author

    コメントありがとうございます。
    返信が遅くなりごめんなさい。

    ガルバンゾーとはひよこ豆のことでしょうか?
    ひよこ豆(チャナダル)は、ほぼ毎日使っていますが、
    挽いて発酵させたみたことはありません。
    チャナダルを使ったドーサ(アダイドーサ)もありますが、発酵はさせないはず。

    普通のドーサを作るのであれば、、
    お米の種類によっても発酵の仕方や味、フワフワ度などが全く異なるので、
    豆も代用は考えない方がいいかと思います。
    味も全く異なるはずです。
    ウラドダルはインド食材店で安く購入できますよ。

    ちなみにこの寒い時期は、なかなか発酵が進みません。
    数日かかります。

    更新楽しみにして下さってありがとうございます!
    いろんなチャツネのレシピもアップしていきたいと思っています。

  • フィルニ

    Shreyaさま。
    「チャナダルを使ったドーサは発酵はさせない」え、そうなんですか!
    ドーサ全般が発酵食品なのかと思っておりましたが、そういうわけでもないのですね。ウラドダル、探してみます! 
    ありがとうございました。またヨロシクお願いいたします。

  • mika

    こんにちは。はじめまして。ドーサのレシピを参考にさせて頂きました。
    私もウラドラル(皮付き)を買ってしまい、皮むきが凄く大変でした。
    出来上がったドーサはパリッと食感もよく美味しくいただけましたヽ(´▽`)/
    ドーサにチリソースとチーズとほうれん草を包んでいただきました。最高でした☆
    レシピすごく参考になりました。ありがとうございました。

  • Shreya Post author

    返信が遅くなり申し訳ありません。
    ドーサレシピを参考にして下さったとのこと、ありがとうございます。
    皮むき、大変ですよね・・・お疲れ様です。
    でもやっぱり家で作ったドーサはおいしいですよね。
    チーズとほうれん草、私も試してみたいです。
    これから発酵に適した季節になるので、我が家もドーサを作る機会が増えそうです。
    何かおいしい食べ方発見したら、是非またメッセージください!

  • yosi

    こんにちは、yosiと申します。
    ドーサの作り方を参考にさせてもらい挑戦してみました!

    いま1日半が経過し、臭いは、かなり苦手な臭いがしているのですが、生地が膨らんでくれません_| ̄|○
    水の量が少ないのでしょうか?
    私の忍耐不足なのでしょうか?

  • Shreya Post author

    yosiさん
    返信が随分と遅くなってしまい、もうしわけありません。
    しばらくインドに帰っていました。

    ドーサの作り方を参考にしていただき、ありがとうございます。
    数日後、無事生地は膨らみましたか?
    我が家も涼しい時期は思うように生地が膨らまず、
    十分発酵させるためにいい方法がないかと模索中です。
    塩を入れてなるべく暖かい場所に置き、2日間待ちますが
    それでもフワフワ生地には程遠く…

    7-9月はドーサ作りに適した気温。
    驚くほどフワッっと膨らんでくれるはずです。
    是非また挑戦してみてください。

    発酵促進のよい方法がみつかったら、またブログにアップします!