Dosa & Tomato Chutney


dosai2 dosa4

ドーサ (or ドーサイ) とは、南インドを代表する食べ物。

インドの実家でも、頻繁に食卓に出てくるメニューです。

左の写真は実家の ”もっちり” ドーサ

右の写真はレストランで注文したドーサ

::: 奥は巨大な ”パリパリ” プレーンドーサ

::: 手前は、これも巨大な ”もっちり” オニオンドーサ (中にオニオンが沢山入っています)

今日は、このドーサと呼ばれる南インドのクレープと

トマトのチャトゥニのレシピを紹介させてください ♪♪♪

1.生地作り

本来ならば・・・

お米と豆をグラインダーで挽き、一晩ねかせます。

そうすると生地がふんわりとふくれあがります。

南インドの家庭には、必ずグラインダーがキッチンにあります。

昔は臼を使って手作業で挽いていましたが、

今は写真のような電動式。

grinder

しかし、このグラインダーは日本では売っていません・・・

ミキサーでトライしましたが、日本米では上手くいかず、

時間も手間もかかり・・・

なので

我が家では

水を入れるだけでOKの便利なパウダーを使っています。

dosa mix

2.トマトチャトゥニ (Tomato Chutney)

熱したフライパンに油をひき、

小さくきざんだ トマト半分+玉ねぎ1/4個 を入れて炒める。

img_3818  img_3820

写真のように炒まったら火を消し、そのまましばらく置いて

熱を冷ましておく。

熱がある程度冷めたら、ミキサーにかけてペースト状に。

その際、塩を入れて味を調える。

img_3825

最後に

熱したフライパンに油をひき、マスタードシードを1つまみ入れる。

パチパチとマスタードシードが弾け始めたら火を止め、

ペースト状にしたチャトゥニの上にジュワッとかける。

熱したオイルとマスタードシードをかけるので

ジュジュッと

いい音がしますよ

かきまぜれば、こんな感じで出来上がり!!!

写真では、マスタードシードだけでなく、チャナダルも一緒に炒めて入れてみました。

chutney

3.生地を焼く

フライパンに油をひき、レ―ドル(おたま)1杯分の生地を流し込む。

レ―ドルの裏側で薄くのばし円にする。

生地の周りに少量のオイルを円を描くように回し入れ、

(→ そうすることによって、外側がパリパリし、裏返しやすくなります!)

焼き目が付いたら反対側を焼いて出来上がり。 

まだ経験の浅い私が作ると、キレイな円が作れません・・・

フライパンが熱くなりすぎて、円どころか生地が破れてしまうことも。

火加減が難しい・・・

左の写真はAmma作 in インドの実家

右の写真は私作 in 日本

dosaiIMG_0486

見た目も焼きあがりも、食感も違うのです。

んんん~どうしてだろう・・・

なかなかAmmaのように薄い生地が作れません。

これが出来上がりドーサ with トマトチャトゥニ

:)

img_3829

トマトチャトゥニだけでなく、

サンバルという南インドのカレーやココナッツチャトゥニを付けて食べます ♪

Share

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です